Ambience Rustique


アビアンス リュスティック・・・

プロローグ 第5章

心地よい風が吹き抜けてゆく瞬間、   

手に馴染む 古いものをあつかう時  

日々側にある 大切なアイテム  

生きた香りに癒される時間    

日々の暮らしの中に自然によりそう マテリアルと植物を   

心が望む 自由な景色を ここに連れて・・・

先日のニュースレターで先行してお知らせいたしましたが、今年もこの時期を迎えることができ、本当に嬉しく思っています。

今回で初回の序幕を入れて6回目になり、shuさん mamiさんとは既に阿吽の呼吸、その域に達してきている?とは思っていますが、2016年、6度目だからこそ二人と共にできること! に挑戦していきたいと思っています。

Rustiqeu ...フランスでいうところ 田舎風という言葉に置き換えるなることができますが、カンパーニュとはまた違った微妙なニュアンスと言いますか、、、もっと本質的で、無骨で、日々の暮らしに根付いている、

うまく言葉として綴ることは難しいのですが、その言葉に表現できないものを引き連れていく アンティーク達に託し、皆様にお披露目できればいいなぁ、と思っています。

私の暮らすフランスの小さな田舎の村、

自然と養われていく古いものとの共存。

横浜の馬車道、皆様との空間にフランスの田舎村の景色が流れますように、

期間は今回も3日間。

7/15 : 18:00 - 21:00

7/16 : 11:00 - 19:00

7/17 : 11:00 - 16:00

最終日の17日は前年同様に、ソルド、そしてチャリティーを企画しています。 また、詳細は追ってお知らしていきますし、

6月についてはこちらの準備に全力投球させていただき、 プロローグのお品紹介に入らせていただきますので、

一緒にプロローグまでの道のりを楽しんでいただければと思います。

©2004 - 2019  l-instant  All rights reserved .

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram